先日畑でゴーヤがたくさん収穫できたのでどう調理しようかと考え、朝のおかずにもピッタリなゴーヤの甘煮を作ってみる事にしました。ゴーヤというと定番なのがゴーヤチャンプル、我が家でもよく作るのでたまには違う味を引き出せないものだろうかと考え、ゴーヤを煮てみる事にしました。

煮物風にするので、いたって味付けはシンプルに。まず、ゴーヤは(1本)薄切りに切ります。そして、鍋にみりんと醤油、甘くするために気持ちお砂糖を入れ、だし汁で調整し煮るだけです。通常の煮物と同じ感覚で作るため、調味料は我が家流で大丈夫だと思います。煮詰まったなと感じたら少しだけ冷ましてお皿に盛りつけてみましょう。トッピングとして鰹節を添えると和風ゴーヤの完成です。味としては、見た目そのままのゴーヤの煮物になっています。たくさん作って、朝食の1品とするのもいいなと感じます。

ゴーヤにはビタミンCがたくさん含まれているので、女性には美容効果もあり体にとてもいいなと感じます。また、夏バテ予防にもなるゴーヤ、苦味が苦手な人は少し敬遠されがちな野菜ですが、ゴーヤの中綿(ゴーヤを半分に切った時に中にある種の事)をしっかりと取り除くことで、苦味も少なく食べやすいと思います。ゴーヤは夏の間に幾度となく食卓に登場しますが飽きることなく調理法を工夫しながら美味しく頂きたいと感じています。

※シェア畑でゴーヤが獲れる時期
6、7月ころ(収穫の有無や時期については各農園によって異なります)

シェア畑を利用すればこんなにおいしい野菜が、貴重な農業体験をしながら収穫できちゃいます!具体的な農園見学方法や料金についてはこちらでどうぞ!