グリーンカーテンをしてゴーヤが出来たのでゴーヤチャンプルーを作ってみました。
苦味がきついと子供たちが食べてくれないため、しっかり中綿をスプーンでこそげ取り、スライスした後、塩でもみ洗いもしました。
あとは欠かせないのが木綿豆腐くらいです。
チャンプルーの名前の通りごちゃまぜに炒めればオッケーです。

余っていたミンチ肉を少し入れて、味付けはなんと麺つゆだけと言うシンプルで簡単な料理です。仕上げに溶き卵も入れてガガっと混ぜたら完成です。
ちゃんと塩揉みをしたので苦味をほとんど感じることもなくヘルシーでボリューム感のある1品が出来上がりました。

沖縄料理ですし普通はミンチではなくて豚バラ肉を使いますよね。豚バラの時はお肉を料理酒でもんでから炒めると美味しさ倍増です。手間を惜しまないなら、先に肉を炒めていったん更に取り出してからゴーヤ等の他のものを調理し、最後に肉を戻して一緒に炒めあわせるとお肉が固くなりにくいです。その他、キノコでもモヤシでも冷蔵庫で余っているものをなんでも入れてみて下さい。けっこう失敗なく美味しいのができますよ。
炒めている途中で時々味見をして辛くなり過ぎないように麺つゆの量を調整して下さいね。モリモリ食べて暑い夏も夏バテ知らずの我が家の夏の定番料理です。

※シェア畑でゴーヤが獲れる時期
6、7月ころ(収穫の有無や時期については各農園によって異なります)

シェア畑を利用すればこんなにおいしい野菜が、貴重な農業体験をしながら収穫できちゃいます!具体的な農園見学方法や料金についてはこちらでどうぞ!